line

  • イベント情報
  • イベント情報
  • お問い合せフォーム
  • おすすめ物件を見る

line

  • スクール情報
  • ハトマーク京都
  • LINE
  • 姉妹サイトリンク
  • vita house
  • RAVIHOUSE

line

QRコード

ご訪問ありがとうございます。

  • 132069総閲覧数:
  • 85今日の閲覧数:

土地を売るときのポイント

イメージ

土地を売る際には、その土地の風土を知っている業者へ相談するのがおすすめです。谷英不動産は福知山市を中心に京都府北部の風土を知り尽くしていますので、土地売買を相談したい場合はぜひお気軽にお声がけください。

土地を売る為の流れ

査定の依頼

査定の依頼
住まいの買い替えや、眠っている資産の活用など、不動産を売却する理由はさまざまです。しかし一般的な不動産売却の手順としては、まずは不動産業者に物件を査定してもらうところから始まります。通常であれば査定は無料なので、複数の仲介業者に査定される方が多いです。

仲介業者を選ぶ

仲介業者を選ぶ
所有する物件を査定してもらったら、次は仲介を依頼する業者を選びます。ここで、一番高く査定してくれる業者に仲介を依頼するのが正解だと勘違いされる方が多いのですが、注意が必要です。(その理由は、このページを最後までお読みいただければわかります)

媒介契約を結ぶ

媒介契約を結ぶ
媒介契約は「私の不動産の売却を、あなたの会社に依頼します」というものです。ただ、その契約形態も3種類「①一般媒介」「②専任媒介」「③専属専任媒介」があります。「①一般媒介」だと、複数の不動産会社に依頼できるので、早く高く売れそうな気がします。でも、不動産会社の立場からすると、お金に変えられるかどうか分からない物件を扱うのではなく、確実に売上が期待できる「②専任媒介」や「③専属専任媒介」を希望する場合が圧倒的に多いです。そのことも踏まえた不動産屋選びが大切です。

売り出しスタート

売り出しスタート
媒介契約を結んだら、次は物件の売り出し開始です。不動産を売却する場合、価格が5種類あります。
売却希望価格「あなた(売り主)が希望する販売価格です。」
査定価格「物件を業者に査定してもらったときの価格です。」
売り出し価格「①と②を調整して決めます。」
購入希望価格「買主が希望する購入価格です。」
成約価格「③と④を調整して決めます。」
業者が査定した査定価格と、あなたが希望する売却希望価格を調整して売り出し価格を決めます。

経過報告・条件交渉

経過報告・条件交渉
仲介業者のやり方によりますが、あなたの物件が広告やインターネットで紹介され、購入希望者からの問い合わせを待つことが多いです。すぐに希望者が見つかれば、条件交渉を行います。しかし、しばらく経っても購入希望者が見つからない場合には、売り出し価格の見直しが必要です。できるだけ早めに売りたい場合や、具体的に売却したい期日が決まっている場合には、希望者が現れないというのはとても不安ですよね。

売却の売買契約を結ぶ

売却の売買契約を結ぶ
購入希望者が現れたら、価格や引渡し時期を調整し、不動産売買契約を結びます。このとき、買主から手付金をもらうとともに、仲介会社に仲介手数料の半額を支払います。仲介手数料は、売却価格×3%+6万円(別途消費税)が上限と決められており、仲介業者によって手数料の値引きができるかもしれません。例えば、売却価格が2,000万円だとしたら66万円(別途消費税)が上限になります。売買契約時にその半分(33万円が上限)を支払います。
※仲介手数料は不動産会社により、売却完了後に一括払いでよい場合もあります。

引き渡し

引き渡し
事務的な書類の手続きなどは、仲介会社が教えてくれるので指示にしたがって引き渡し準備を行います。引き渡し時には、買主から残金を受け取り、仲介会社に仲介手数料の残金を支払います。これで不動産の売却が完了となります。

土地を売る為の流れ ~ワンポイント~

一般媒介とは
一般媒介契約とは、売主や貸主などの依頼者が複数の業者に同時に依頼できる媒介契約です。自ら取引相手となる顧客を探すこともできます。一般媒介契約の中でも、重複して依頼していることを明示する義務があるものと、明示する義務のないものがあります。
専任媒介とは
専任媒介契約とは、売主や貸主などの依頼者が選んだ業者以外に重複して依頼できない媒介契約です。ただし、自分で顧客を探して取引することはできます。依頼を受けた業者にとっては、依頼者が自ら取引相手を見つけてしまう可能性こそありますが、他の業者に横取りされる可能性はありません。結果、営業努力をかけることができます。
専属専任媒介契約とは
専属専任媒介契約とは、売主や貸主などの依頼者が選んだ業者以外に重複して依頼できず、自分でも顧客を探すことができない媒介契約です。依頼した業者に全面的に任せるので、業者にとっては確実に自社で取引相手を見つけられるので、積極的に営業努力をかけることができます。
土地を売るタイミング
家を建てるためになくてはならないものって何だと思いますか?やっぱり土地ですよね。土地がなければ家を建てることはできませんからね。土地は家と同様に高額でなかなか手の届かない額ですが、場所や周りにある建物、生活しやすい場所かどうかで同じ面積でも大きく値段が変わってきます。例えば自分が買いたい土地の近くに駅があるとそれだけでぐんと土地の値段は上がってきます。つまり、人気があればあるほど土地の値段は高くなり、徒歩圏に駅やスーパー、コンビニがない田舎などの土地は安くなります。土地を売るにはまずいろいろな不動産会社で査定をしてもらうことをおすすめします。
また、土地を売るタイミングも重要です。なぜなら土地というのは周りの状況が変化するたびに値段が変わってきます。つまり値段が下がることもあるし上がることもあるのです。もしかしたら自分の持っている土地の近くに駅ができるかもしれません。駅ができる前に土地を売ってしまったらもったいないので、これから発展していきそうな街に土地を持っているなら売るタイミングを考えたほうがいいと思います。定期的に業者に土地の査定をしてもらうことで、売るタイミングを見つけ出すことができると思います。

お問合せはここをクリック